森の迷い路

こちらは、高/永/ひ/な/こ先生の「恋/す/る/暴/君」を勝手に熱く語るブログです。
くだらない妄想や感想を書いております。不快な表現などありましたらすみません・・・・・
大人の女性のみの閲覧お願いします。
<< 本日は森永君の誕生日ですよおおお | main | やっとこさがっす8月号読めました(ネタバレアリ) >>
がっす間違えたぁぁぁ
こんばんは、もみじです。

題名で察してくださる方は多いとは思うのですが、
がっす8月号のネタバレはありません。

ですので、
ネタバレイヤ〜ンな方は
安心してお進みください。
 
題名の通りですが


がっす

間違えました


何を間違えたかとおっしゃるならば7月号と8月号を間違えました。
つまり、間違えて7月号(6月発売分)を注文してしまったという事です。



あはははははははあはははははは
あはははははははあはははははは
あはははははははあははははーん



注文して受け取ってしばらくそのまま置いてました。
森永君がどうなるかが気にはなっていたのですが
「もし、これ以上森永君が辛い事になっていたら・・・
立ち直れないっ」
と読むのを躊躇っておりました。
この数か月、
浮かぶのはあの森永君の姿ばかりで悶々鬱々としてました。
ですが、「これより悪くはならないはず、きっと幸せな森永君がっ」
と決心して、がっすを開いたのに、目次に先生の文字がない・・・
「あれ?あれ?」と思ってみたらそれは「がっす7月号」
7月発売=7月号となぜか勘違いしてしまった自分。
(↑何年、先生のファンやってんねん(怒))

そういう訳で・・・
意を決してがっすを読もうとした私の心意気は宙ぶらりん。
なので、不貞腐れてます。
酒でも飲まなきゃ、やってられません(現在進行中飲んだくれ)
(※ちなみにがっすは、注文し直しました)

そして、ほろ酔いながら
「ちくしょう、SSでも書いたろか」となりまして1時間クオリティで書き上げました。
お酒の力のおかげで、ちょっと明るいSSが出来ました。
こういう時じゃないと、書けない自分てどんだけメンタル弱いのか。




よかったらどうぞ
七夕ネタです








「七夕の願い事」








「・・・・あ、先輩?今何してました?電話大丈夫でした?」

長いコールの後、やっと繋がったので無意識に声が弾んでしまう。
いつもの先輩への定期連絡。
あまり電話に出てくれることがなくて、文字ばかりのやりとりが続いていたけれど・・・
今日は先輩も余裕があったのか運よく電話に出てくれた。

「何の用だ?」

毎回、それを聞かれるけれど俺の答えはいつも決まっていて

「用事じゃないんですけど、先輩の声を聞きたくて」

そんな同じやりとりを繰り返している。
電話の奥からいつものため息が聞こえるけれど、やっぱり先輩の声が聞きたいから。
例え、電話を通しての声だとしても。

「俺はレポートで忙しいからな。用件なければ切るぞ」

いつもの先輩の塩対応。
話したいことはたくさんあるけれど、先輩はすぐに電話を切ろうとしてしまうから何か良い話題はないかと必死に探す。

「・・・ええと。あ、先輩。今日は七夕ですね」

「ああ、七月七日だな」

「そっちは晴れてます?天の川見えます?」

「さあな。帰る時に星は見えたが・・・」

カーテンを開ける音が遠くに聞こえた。
それと一緒にぱさりと布が落ちる音と「おっと」と先輩の声が聞こえた。
どうやらお風呂上がりのようだなと時計をちらりと確認する。
今日は暑い日だったから、先輩はいつもより早い時間にお風呂に入ったのだろう。
そうだとすれば、今はパジャマ姿でタオルを頭にかぶせて髪を乾かしながら、俺と話しているのだろうか。
先輩、ドライヤーちゃんと使ってるのだろうか。
いくら夏だといっても、髪が濡れたままだと風邪をひくこともあるのに・・・と、勝手な想像の中の先輩を心配してしまう。

「天の川はわからんが、満天の星だな」

「そうなんですか。こっちはちょっと曇り空で…星はあまり見えないんですよ」

「どうせお前の事だから彦星と織姫が逢えなくて残念ですとか言うのか?」

「うっ・・・」

完全に俺の思考を読まれていて、ぐうの音も出ない。
あと5秒ほど、先輩の返答がなかったらその通りのことを口にしていただろうから。

「先輩って・・・俺の事本当にわかってますね」

「べ・・・別に・・・お前は単純だからな」

深い意味で言ったつもりはなかったのに、俺が思ったよりも狼狽えて答える先輩。
どうやら先輩は俺の言葉を違う意味で受け取ったのだと分かった瞬間、笑みが零れてしまう。

「なかなか会えない彦星と織姫・・俺達みたいですね?」

「ああ??」

予想通りの先輩の不機嫌そうな低い声が響いた。
俺は思った通りを口に出したのに、先輩としては不服らしい。
だって・・・恋人同士でめったに会うことが出来ないなんて・・・今の俺達そのものじゃないか。
でも、そんなことを俺は先輩に言うつもりはない。
「恋人同士」なんてキーワードを口に出したら、烈火のごとく怒るに違いない。
認めてくれてもいいじゃないか・・・って思う俺だけど、そこは心に秘めておくことにする。

「先輩に・・・会いたいなぁ」

七夕になぞらえたつもりはないけれど、つい本音が出てしまう。
仕事が忙しくてほとんど名古屋に帰れない。
休みの日も、次の日の仕事の準備に追われたりで・・・あっという間に休みが終わってしまう。
もう少し、仕事に慣れたら余裕も出てくるのだろうけれど、今は覚えるものが多くて頭がいっぱいいっぱいだ。

「今生の別れじゃあるまいし、会おうと思えばいつでも会えるだろ」

「先輩は・・・寂しくない?俺の事思い出したりしない?」

「今まで嫌になるほど一緒にいたからな。これくらいで丁度いい」

「またそんな冷たい態度を・・・」

「ふん」

電話の向こうの先輩がどんな表情をしているは俺にはわからない。
本心でそういっているのか、それとも少しは寂しい気持ちがあるけれど、わざとそんなそっけない態度を取っているのか・・・
残念ながら、静岡から名古屋までは遠くて、先輩の今の姿を見ることは俺にはできない。
でもきっと少しだけ、少しだけでも寂しいと思ってくれているはず。
自分勝手な確信だけど、そう信じてもいいですよね?先輩。

「彦星と織姫だって年に一度会えるんだ。文句言うんじゃねぇ」

「俺は年に一度とは言わずに毎日だって会いたいんですけどね」

不貞腐れて口を尖らす俺に、「ああ?」と強い口調で威嚇する先輩の声。

「わかってますよ。仕事頑張ってますから」

「それならいい」

「でも・・・仕事頑張って、それで名古屋に帰った時は・・・甘えさせてくださいね?」

「・・・考えておく」

「ありがとうございます」

思わず小さく笑うと先輩が「何だよ」と文句を言いたげにしていた。
俺の織姫(彦星?)様は、どうやらツンデレらしい。
いや、デレというほどのデレはないので、ツンだけだろうか・・・
そんなツンな先輩織姫を想像してしまって、笑いが出てしまった。

「気持ちわりぃ」

いつも通りの先輩の反応。
でも、今度名古屋に帰った時は「考えておく」と言ってくれたのだから、それに期待しよう。
先輩は軽い気持ちで言ったのかもしれないけれど俺はその言葉、覚えてますからね?

「あ、こっちも晴れてきましたよ。短冊に願い事でも書こうかなぁ」

お前は子供かよとか先輩の馬鹿にした声が聞こえるけれど、軽く無視をする。

俺の願いはただ一つ・・・・
先輩もわかっているはずだから、あえて口には出さない。



短冊と笹は勿論ないので、
先輩の声を聞きながら、窓から見える星に願いを託す。




いつか、願いが

叶うといいなぁ










短くてすみませんが許して下さい。
七夕だなって気づいたのも、数時間前でして・・・
乙女チックな森永君の願い、叶うとよいなぁ。




コメントの某様
いつもいつもいつもありがとうございます。

この時期の食べ物は注意が必要ですので気を付けてくださいね。
お気遣い感謝です。

森永君の誕生日を一緒にお祝い出来てとても嬉しいです。
本当は森永君の誕生日らしいSS書きたかったけれど
すみません・・・書けなかったです((+_+))

作品楽しみにしてますなんてそんな勿体ないお言葉・・・(号泣)
私には本当に「二人が好きだーーーー!」しかなくて
何も持っているものはありませんが、こうやって二人を好きだと叫び続けていきたいと思っております。
ありがとうございます、本当にありがとうございます!!




さて、がっすは数日後に届きます。
届いても受け取れるかは別の問題で(配達時間内に帰れない)
でも、きっと
喜びの絶叫を上げるような内容が待っていると信じて・・・待ちます。
早く森永君の笑顔が見たいんじゃあああヽ(`(`(`(`ヽ(`Д´)ノ



それでは、失礼しました〜( ;∀;)
| なんとなく話(SSなど) | 23:23 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2019/07/10 9:37 AM |









http://morimayoi.jugem.jp/trackback/722

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
web拍手
T森永

メールフォーム
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS